いにしえの伊勢  home

神宮 御木曳

大正時代の御木曳②

 sadanai所蔵の大正の御木曳絵葉書のうち、たとうのあるものを紹介します。

伊勢太神宮御造営材御木曳実況 内宮宇治橋 角風宮商店発行
左:たとう 原寸 縦14.6㎝×横9.6㎝
右:表面  絵葉書原寸 長辺14㎝×短辺9.1㎝


外宮領御木曳

 左画像奉曳車には「豊盟團」と、右画像一番手前左側の子の法被にも「豊盟団」とありますので、豊川町奉曳団です。

左:大湊貯木場
中・右:内宮領五十鈴川御木曳

 右画像にあるのぼりに「古市」「一宇田」の文字がみられます。五十鈴川から陸揚げする場所と考えられます。

左・中・右:内宮領五十鈴川御木曳
 右画像橋の真中辺りののぼりに「久世戸」の文字が見えます。


伊勢神宮御造営材 御木曳絵葉書
印刷:絵画研究会
左:たとう  原寸:長辺14.4㎝×短辺10㎝
右:表面   原寸:長辺14㎝×短辺9.1㎝

左:伊勢神宮御造営材木揚の光景
中・右:伊勢神宮御造営材御木曳の光景

 中の手前は二見町西でしょうか。左奥は紅葉の葉が見えますので岡本町だと思われます。右は岩渕町です。

左・中・右:伊勢神宮御造営材御木曳の光景
 左は吹上町、中は河崎南側、右は一之木町です。

左・中・右:伊勢神宮御造営材御木曳の光景
 左は奉曳車に○印がありますが、平成の御木曳きでは見当たりません。中は京町でしょうか。右は曾根町です。

左・中・右:伊勢神宮御造営材御木曳の光景
 左は辻久留町、中は不明、右は尾上町です。


新製原色版 伊勢神宮御営材 御木曳絵葉書
 白黒の写真を元にカラー印刷をしたものだと考えられます。
印刷:絵画研究会

左:たとう  原寸:長辺14.4㎝×短辺9.9㎝
右:表面   原寸:長辺14.1㎝×短辺9㎝

左:伊勢神宮御造営材・宮川堤引揚の光景
中・右:伊勢神宮御造営材・御木曳の光景

 左・中は日の丸の幟が見られますので、本町です。右はI様所蔵「大正11年御木曳実況絵葉書」と同じ画像で、中島町です。

左・中・右:伊勢神宮御造営材・御木曳の光景
 左・右はI様所蔵「大正11年御木曳実況絵葉書」と同じ画像です。左は八日市場町、中は小川町、右は河崎のいずれかの団です。

左・右:伊勢神宮御造営材・五十鈴川川曳の光景
 左右ともI様所蔵「大正11年御木曳実況絵葉書」と同じ画像です。


〔参考文献〕
伊勢文化舎 『別冊伊勢人 伊勢のお木曳-町衆の心と技を伝える-』
          平成18年12月 伊勢文化舎 p.38(小川町の紋)
                       p.248(豊川町「豊盟団」)


 ©2020 sadanai               home