いにしえの伊勢  home

交通機関

神都線 社名の変遷2  三重合同電気

 伊勢を走っていた市電は、明治36(1903)年の開通から昭和36(1961)年の廃止時までに、「宮川電気」「伊勢電気鉄道」(近鉄の前身の「伊勢電気鉄道」とは別会社)「三重合同電気」「合同電気」「東邦電力」「神都交通」「三重交通」と会社名が変わっています。


三重合同電気
 大正11(1922)年に伊勢電気鉄道株式会社は津電灯・松阪電気と合併し、三重合同電気株式会社が設立されました。そして、昭和5(1930)年2月に合同電気株式会社に名称が変更されました。

三重合同電気株式会社 参宮電車御案内 名所案内
原寸17.1縦㎝×横37.7㎝

 岩戸屋が発行したパンフレットです。案内図に朝熊登山鉄道が描かれていますので、大正14(1925)年以降に作成されたものです。
           
鉄道線月別団体乗車割引運賃表
原寸縦18.5㎝×横26.6㎝

 これは、朝熊登山線の楠部から朝熊岳往復(通常料金64銭)の割引運賃表です。従って昭和3(1928)年朝熊登山鉄道合併後の運賃表です。

日本車輌株式会社 車両カタログ
原寸:B5版 裏面には日本車輌の社章が印刷されています。

 『鉄道ファン』第4号に掲載されている「三重交通 神都線の電車」によると、この形式の車両は日本車輌の他、汽車製造、田中車輌(現在の近畿車輛)で昭和2(1927)年から昭和8(1933)年にかけて製作された。同形式の車両が18両あり、神都線では主力の車両であった。形式番号は、当初36号型(車両番号は36~41・43~54)であったが、のちにモ511型(車両番号は511~528)と改称された。この形式の車両は連結運転が出来るように改造されたものもある(旧番号で43・44、45~54)とあります。
 また、『レイル』53号に掲載されている「三重交通神都線電車の台車のことなど」によれば、日本車輌では昭和2年に38・39号、(のちモ513・514)昭和3年に40~44号(のちモ515~モ518)を製造したとあります。
 さらに、神都線の運転手をなさっていた中野本一さんから、昭和2年のものであるとの御教示を頂きました。どうも有り難うございました。


〔参考文献〕
久田康夫・中野本一「三重交通 神都線の電車3」
           『鉄道ファン』第4号 昭和36年10月 交友社 p.51
中野本一 「三重交通神都線電車の台車のことなど」 
           『レイル』53号   平成17年7月 エリエイ p.90


©2020 sadanai               home