いにしえの伊勢  home

宮川~外宮界隈 旅館

佐伯旅館

 伊勢市駅前の旅館街に「佐伯旅館」がありました。絵葉書のたとうやパンフレットには「佐伯」に「さいき」と振り仮名がつけてあります。現在の「シャレオサエキ」「ビジネスホテル山本」(いずれも佐伯館の親族の方が営業されています)のあたりです。本稿の作成には、ビジネスホテル山本を経営なさっている山本雅則様とご家族の方のご協力を得ました。どうも有り難うございました。

佐伯旅館絵葉書1
左:たとう 広げた状態 原寸:縦17.7㎝×横19.1㎝
中:玄関  絵葉書原寸:9.1縦㎝×横13.9㎝ 印刷者:不明
右:正面全景 


 全景写真には2つの建物があります。奥が団体客用の建物、手前が個人客用の上級の部屋のあった建物だそうです また、奥の3階楼の建物の屋上には画像にうっすらと手すりが写っているようにバルコニーがありました。戦前から戦中にかけて、機関銃が備え付けられており、軍関係者がこの旅館に詰めていました。当時の敷地は、現在の本町通りから県道鳥羽松坂線の中央分離帯辺りまでありました。(ビジネスホテル山本 山本様のご教示による。)

左:外宮御正殿・内宮御正殿
中:内宮宇治橋・二見浦日の出

右:徴古館・倭姫宮

名刺
原寸 縦9.1㎝×横5.4㎝

 この名刺は絵葉書の中に挟まれていたものです。


佐伯旅館絵葉書2

左:たとう
右:離れ座敷

 たとう裏面(画像では右側)に、「山田市外中村 土谷写真製版所印行」とあります。掲載はしませんが、このほかに「外宮御正殿・内宮御正殿」、「内宮宇治橋・二見浦日の出」の写真もあります。

 以下は一枚ずつ入手した絵葉書です
左:正面全景  印刷者:不明
右:佐伯館全景 印刷者:不明

 左「正面全景」は色や表面の様子から「佐伯館絵葉書2」と同じセットのものであると考えられます。
 右「佐伯旅館全景」の一番手前の建物は、「宇仁館別館菊屋」と同じ建物です(『宇仁館物語』)。よって、佐伯館が菊屋を買収したと考えられます。


左:平成21年12月12日撮影
右:平成19年8月10日撮影

 左写真は新聞屋さんの右隣、右写真では空き地の奥の建物がシャレオサエキです。


伊勢参宮案内図絵 佐伯旅館発行
原寸縦17.9㎝×横38.6㎝


 倉田山の倭姫宮が描かれていますが、参宮急行線・伊勢電鉄線が描かれていませんので、大正12(1923)年以降、昭和5(1930)年以前に作成されたものです。印刷は名古屋市の澤田文精社です。


佐伯館 別館春風荘パンフレット
原寸長辺26㎝×短辺18.4㎝   印刷社:不明


 戦後のパンフレットです。市電が描かれていますので、昭和36年以前に作成されたものです。

〔参考文献〕
秋田耕司 『宇仁館物語』 平成30年8月 有限会社NFC



©2020 sadanai               home